上海で海釣りはまってます

上海在住7年。3年前から釣遊会に入会し、主に漁山列島に釣りに行っています。中国での釣行をアップしていきます。よろしくお願いします。

2018年6月8日-10日 漁山列島


5月の漁山列島釣行は、残念ながら天候の影響で行けませんでした。
6月は6月8日-10日で11名参加、久々の2隻での釣行でした。当初台風が近づいており、いけないとあきらめていました。
台風がなかなかすすまず、動き出しても漁山から東の方に向かってゆっくり動くコースを取ったことが原因です。風はあまりないのですが、うねりは覚悟してましたが、水温も22度まであがり、期待度高まります。
船は311手配の437(会長、南塚、蒋、松岡、布沢、倉地)363(竹原、小林、万、北原、内山)の2艘で出撃です。
予定通り9日朝7時現地到着。しかし期待に反して、なかなか釣果が出ません。やはり今年の状況はあまり変わってないようで、魚もいない感じです。私、会長、南塚さんは、コマセと海老餌で、他は海老餌です。ただ前回と違うのは、10-20㎝の鯖の群れが時々回遊してくることです。海面広範囲にものすごいナブラでした。サビキでやると鈴なりにかかります。時々布沢さんのサビキには小鯵がかかります。そこの方には、小鯵がいるようです。カサゴもぼちぼちかかってきますが、厳しい状況が続く中、363の方で小林さんが小ぶりのスズキを上げたニュース。
焦る中、9時頃、私の海老餌仕掛けの方が、潮の流れが一瞬緩やかになった時、ゆっくりとしかし確かなあたり。ゆっくりあわせると何かかかりました。たたくような心地よいあたり。慎重にドラグを緩め巻き上げると、1㎏に満たない黒鯛が上がってきました。


船内は期待が高まります。お昼近くに松岡さんが石鯛をゲット。前回よりいい感じですが
鯖、カサゴ以外は厳しい状況が続きます。363の方では、初参加の万さんがスズキ、内山さんがキジハタを上げました。昨年からスランプの会長は、カサゴだけです。
結局は、初日はここまででした。
やはり前回同様、二兎を追う者は一兎をも得ず。コマセはあきらめ海老餌一本でいくことを決め、翌朝にかけます。


心配していた雨もふらず、4時半に出航。5時過ぎに蒋くんが、オオニベをかけました。


今日は少し期待できそうです。363では北原さんが、良い方のカンパチを蝦で釣ったというニュース。それも海老餌でカンパチ。昨日から鯖を泳がせても全く反応なしでした。その後松岡さんが小ぶりのスズキ。363でも小ぶりのスズキが上がり、スズキの地合いが期待できます。8時半ころに会長にも小ぶりのスズキがかかり、最近絶不調の会長にも笑顔が戻ってきました。その後立て続けにスズキをあげました。
9時頃、私の海老餌にゆっくりとした当たり。結構いい引きで2.5㎏のスズキが上がりました。なんとか、結果が出て一安心です。


新潟サビキで海老をつけて、サバの数釣をしていた布沢さんに小さな鯵がかかってきました。カンパチがこれを食ってるんじゃないかと思い、この小鯵をもらい泳がせです。置き竿して布沢さんの釣りを指導していると、いきなり大きなあたりが来ました。激しい引き、どんどん出るドラグ。船長が網を持ってき手構えても、巻いてもその分ドラグが出る久々の手ごたえ。大事に大事にやって上がったのが、4㎏の丸まる太ったスズキが上がりました。前回に続いての大物賞でした。


その後に、会長も、置きざおに大きなあたりで、良い型のキビレを上げました。会長も上機嫌です。
船上が盛り上がったのは、サビキに海老をつけて、サバの数釣をしていた布沢さんが、今までにない、リールの巻き方をしています。何か大物がかかりました。ドラグを緩めてもらい慎重にあげたのは、良い型のスズキでした。釣初挑戦漁山初参加の布沢さん。粘りの結果でした。
そして松岡さんは、二枚目の石鯛をあげました。
10時半には納竿。上海に向かいます。

一昨年、昨年に比べれば、全般的には渋いのですが、二日目は漁山らしい釣りになりました。結局コマセ釣りが、私も会長もペースを崩す原因になっていたような感じです。原点回帰、活き海老釣を極めるのが良いようです。ただ小林さんや北原さんがルアーでよい結果を出していました。一考の余地ありです。
6時半過ぎに布良瀬に到着。反省会は久々に盛り上がりました。



2018年4月20日-23日 漁山列島 

3月23-25日 今年最初の漁山列島行きましたが、水温も低く、小潮、全く潮が流れない。釣果も最悪。漁山列島釣行では最悪の結果となりました。私もイシモチたった1尾という屈辱的な結果に終わりました。全体では、ルアーで頑張った小林さんが3尾ほどスズキをあげました。


今回、そのリベンジで再挑戦です。水温も上がってきて17度。大きな期待をもっての参加です。メンバーは竹原さん南塚さん中島さん北原さん子分さん私の6名。本当は北原さん息子さんも参加予定でしたが、体調不良ということで6名の釣行となりました。


昨年は4月初旬に行っていて、渋いながらも私は7本のスズキを上げ、竹原さんも真鯛を上げていました。


しかしながら、期待しましたが、1日目は激渋り状況。3月よりも潮もいい感じでしたが、コマセも全く反応なし。がまんの釣りとなりました。見方によっては3月よりも最悪かも。


カサゴはポツポツ釣れますが、大きなあたりは全くなしの状況でした。

午後になり、あまり食いが悪いので、コマセはあきらめ、海老餌一本に絞り、ハリスも5号から3号に変えたところ、???根掛り?と思い、竿を持ち上げると突然強烈な引き。久しぶりで焦りもあったんですが、余裕がないまま巻き上げると、何かの下にもぐった感じで、簡単にハリス切れでした。。。
1日目は、このワンチャンスのみ。このままでは、3月よりも最悪の結果を覚悟しました。


二日目は、原点回帰で、5号ハリスに14号伊勢尼で、大物スズキ一本に絞りました。5時半過ぎから釣り開始。2か所目の釣り場で粘りましたが、釣果がでず、船長に場所替え提案しましたが、その場所は最近実績があるという事で、動かず、がまんがまんで集中しました。何度か誘いをかけながら、待つと、あきらかにカサゴではないあたり。上下にゆっくり穂先が動きました。少し送り込んで、タイミングを見計らい、竿をゆっくり持ち上げると、久々の引き込み。でも手ごたえはさほどなく、ドラグを緩めて巻き上げると、次第に引きが強くなり、最後はドラグが激しく出ていき、強い抵抗。高性能のロッドとリールを信じて、ゆっくり、やり取りしながら巻き上げると、突然現れたのは90㎝くらいのスズキでした。

重さは5kg。遂にやったという感じです。本当にうれしかった。その後船中では小、中型のスズキ5-6本。他に小型のキビレ、クロダイ。船長の友人がスズキと良い型のキジハタ上げました。気温も上昇し水温も上がったのでしょうか、1㎝前後のベイトもたくさん泳いでいました。


結果としては、この一尾でしたが、リベンジもでき、うれしかったです。

最後は布良瀬で反省会。厳しかったですが、結果としては満足できました。

二兎を追う者は一兎をも得ず。ハリスは5号、針は伊勢尼15号。原点回帰。


魚の味の方は、身がやせてて、脂は乗っておらず、いまいちでした。


また行きたいです!





2017年5月12日-14日漁山列島


5月12日-14日 今年2回目の漁山列島に釣りに行きました。結果は、ついにメーター級には届きませんでしたが、92㎝5㎏のタイリクスズキ。そして2㎏のミナミクロダイ。1㎏のキビレ。他500gくらいのキビレ2。黒鯛1。とまあまあ満足でした。
今回は9名。いつものように上海の布良瀬の前を金曜日21:30にマイクロバスで出発。土曜日の深夜2時。浙江省石浦港に到着です。出航は4時ですから、仕掛けづくりをしながら出航を待ちます。

予定通り朝7時に漁山列島に到着し、周辺で釣り開始です。私はいつものように、コマセマダイと活き海老泳がせの2本を311の船のトモにセットしました。
小鯖やカタクチイワシが回っているようで、コマセの方には小鯖がかかってきます。その小鯖を試しに泳がせの方にセットし、置き竿にして置いたら、コマセ降ってるときに、泳がせのロッドの方のリールのギーーーー!っとドラグの音。見ると竿が大きく曲がっている。


上がってきたのが92㎝、5㎏のタイリクスズキでした。前回の80㎝を上回る大物でした。釣り開始から1時間半くらい。船上でも大物は私が最初でした。

今度はその1時間後。海老の泳がせで、鯛らしきあたり。慎重にあげると、ドラグがどんどんそこに向かうスズキと違う感触。上がってきたのは2kgのミナミクロダイでした。



今回は全体的には渋かった。コマセ真鯛の方には、そのあと誘ってキビレが4枚。
今回の収穫は、コマセ真鯛のやりかた。誘い方です。ビデオで見たのですが、コマセをまいてハリスがなじんだころ、50㎝くらいハリスを上げたり下げたいする事。キビレがかかったのはこの直後でした。


1日目はこんな感じで、夕方6時納竿。島に上がって久々の民宿での皆での反省会。ハリスを準備して早めに熟睡です。


翌日は朝5時出航。
しかしながら、私は全くダメでした。2艘では、80㎝クラスのスズキが2-3本上がりましたが、日通しては、私が竿頭でした。新人も3名いましたが、小さいながらもそれぞれ釣れたようです。
11時に終了し、3時間で石浦港。それから5時間マイクロバスで上海市内の布良瀬到着が19時でした。
そしていつものように、獲物でメンバーや宴会のみ参加の会員やその友人家族で宴会です。


これは漁山列島の素朴な村の様子です。いつみても癒されます。